スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『舞妓Haaaan!!!』舞台挨拶つき上映♪♪

やっとこ『舞妓Haaaan!!!』を肉眼で見ることができました。

試写とか初日舞台挨拶にうっすーーーーーく応募してみてたけど、やっぱりゲキチンだったのですが、本日大阪での舞台挨拶つき上映を、会社の後輩のおかげで見ることが(愛)!!

上映終了後、水田監督とともに現れたサダヲはカワユウてカワユウて。

ピンクの和花のアロハと半パンツで、もっそい好きなサダヲテイストの服でした。

ここんとこ、テレビ露出がすごすぎて、ありがたみも薄まる勢いっすが、確実にザ・芸能人化してますな。

今日も舞台挨拶中、堂々として、笑いまで取ってるサダヲがまぶしかった~~。

ほんの少し前までサダヲもクドカンも、トーク番組に出たって、終始うつむきっ放しで、キョドっていたのになああ。

そんな、必要以上にシャイそうなサダヲはもういないのか。

生サダヲに逢えたのはうれしかったけど、ちょっぴりフクザツなあたしでしたよ。。
スポンサーサイト

東京タワー

地元の映画館の上映最終日にやっと見ることができました!

一言。
見に行ってよかった~~~♪








ネタバレ嫌いな人はどうぞスルーでお願いします。


続きを読む

蟲師 公開初日 舞台挨拶つき!!

本日、梅田ブルク7にて見てまいりました!!!!

ぬわんと最前列!!!!!!!!!!
もうサイコーでした。

オダ・ジョーはお洒落ジャージ(笑)みたいなのを着てました。
それはほぼ、移動着だろう?そうだろう?と思ったww
えんじ色のジャージ、つーと、もう頭の中には体育のジャージしか思い浮かばないでしょうww
でもオサレなえんじ色のジャージなんさ。
ジャージっていうんかなあ。。。。
それに黒いハットをかぶっておられました。
ああ、かっこいーーーーー。。。。
しみじみ。
あ、写真見つけました。
この服でーす。これは新宿のときのですが。
髪型がこっちのほうがカワイイなあ。
新幹線移動のために髪おろしちゃったんだね、きっと(涙)
帽子だったもん。
MSN毎日インタラクティブ
蒼井優ちゃんも来てほしかった・・・・

大森南朋さんはつなぎを着てた。
似合うなあ。。。日本で1、2位を争うんじゃないかッ!?
ちなみに1、2位を争ってる相手は山口智充、ぐっさんだな。
今日ナマで見たら立ち姿の凛々しさに、もっそいグッときました!
かっちょいーーー!
そしてナマで見たらお父様に似てらっしゃる!!ww


オダジョーは”今日はたくさん来てハリくださいまして・・・”ってめちゃくちゃな関西弁を言って自分で笑い、
”それ絶対違うと思うよ”と南朋さんにツッコマレてましたが、
ホンマは喋れるんちゃうのッ!?だって、次長課長の河本はバリバリの関西弁やん!?同級生っしょ?と疑問に思ったのですけど。

本当にほんとに短い挨拶だったけど、もう男前オーラを浴びて、乙女ホルモンがドバドバ出ました。←キモイ
なんだか1ヶ月くらい、がんばれそうな気がするーーーーー


さて、映画は、原作漫画を読んでから行けばよかったかな~って思いました。

続きを読む

『アルゼンチンババア』

本日、イヤー!!世の中こんなことまで!?って思うことがありまして。
というのはね、映画『アルゼンチンババア』を観たワケなんですよ。
公開前なワケですよ。
違法じゃないかッ!?
違うんですよ。
ヤフーでね、抽選で3万人がネット上で見られるワケなんです!!!!

・・・・・あ。知ってた?
あたくし、世の中がそんな風になってるなんて、今日初めて知りましたよ。
だってね、それってものすごいコトじゃないですか?
ものすごい太っ腹だしねえ。
ま、試写会を家でできるんだと思ったら、そんなこともあっていいか、って思いますけど、でもねえ。
3万人見ちゃったら、もう、映画館に行く人減っちゃうよ、なんて思いましたけど、大丈夫なんでしょうか???

途中から激しくコマ落ちしだしたのを除けば、快適に観ることができました。
でも、映画館で見たほうがきっといいよ!そりゃそうだけど。



以下、チコっと感想書きますが、映画館で見たらきっと感想も変わると思います。
やっぱり映画館でなにものにも邪魔されずに集中して観る、しかもコマ落ちなし(笑)ってのは、今日とはス随分受け取ることも違いそうだから。
だからあくまで、今日の感想・PCサイズってことで。



ネタバレ嫌いの方は読まないでくださいませ。
たいしたこと書かないけど。

続きを読む

『ユメ十夜』

見てきました~
はー。久しぶりに行ったよ、シネ・リーブル。
地下道も変わってたよ、ビックリしたよ。

今日見なかったら、きっともう見ないだろ?と自分に問うあたし。
なので、頑張って行ってまいりました。

原作が夏目漱石の短編集で、時代を担う10監督がそれぞれ1話ずつメガホンをとる豪華さ!
そして、その1つはわが敬愛する松尾ちゃん監督・サダヲ主演!!!

見なかったら舌噛んで死ななくてはいけない。

いやー、それぞれ面白かった。そしてワケわかんなかった(笑)
でも、申し訳ないけど第2夜の市川崑監督のヤツは寝ちった(笑)
侘びサビを理解しない人間プリを露呈。
あと、第8夜の山下敦弘監督のがいっちばんワケわからなかった。

しかし、第6夜の松尾ちゃんのは秀逸です!
キチンとオチがあるのも、他の話とは違って分かりやすく面白い。
仁王を彫る運慶の神業を踊りで表現する、ってところもイイ。
そして、セリフが全部2ちゃねらー風なのも大笑い。
なんせ最後がサダヲの『鬱だ氏のう』のセリフと字幕(カキコ風)で締めくくり!
よかったな~。
なんだかいつも以上に、異様なほどにサダヲがかっこよく見えた。
なんでだろ??コレって恋??(アホ)

さて、第5夜の市川実日子さんと大倉孝二さんのも好きだった。
とっても美しくて、なんだか不気味な第9夜は西川美和監督。
これも雰囲気がとても好きだった。
大好きな緒川たまきさんだし。

夢ってものが不条理で、美しくて、怖くて、不気味で、楽しいのは、人間の深層心理とか、本能に直結しているから。
そんなコワ可笑しさ、ってものの表現の仕方が、見事に監督によって違っていて、それを見るだけでも楽しかったな~。
行ってヨカッタ♪

DVD三昧

久しぶりにツタヤにてDVDを借りました。
あたしが借りたのは『下妻物語』『バッチギ!』『間宮兄弟』。
ダンナちゃんは『トランスポーター2』。

下妻は、サダヲちゃんが出ているので劇場で見ようと思ってたんだけど、どうしても主役のせいで足が向かなかった。
でも、この前に見た『嫌われ松子の一生』が本当に楽しかったのと、マイミクさんに『下妻』も面白いよ~って勧められたので、レンタル決意。

うん、面白かった。深キョンも、この役だとイヤじゃなかった。ムリなくハマってました。
楽しみにしていたサダヲは、期待したほど出てくれなかったけどインパクトは絶大でした(笑)
この監督さんはほかにはどんなのを撮ってるんだろう??
独特のグルーヴィー感が好きです。

ところで、
クライマックスで深キョンが「イチビっとたら、イテまうぞ、オラーァ」と叫びますが。
言っておきますけど、こんなこと、関西のヒトみんなが言うと思ったらダメですよ!(笑)
一部のヒトですからッ!!

『間宮兄弟』は、江國さんがダイスキで、この原作も好きな作品の一つだったため、劇場へ行こうと思ってたんだけど・・・・。
なんか、映画って芝居に行くより気合がいるっていうか。いや、逆か。
気合がなかなか入らないというか・・・(笑)
見に行くと、ああ、やっぱり映画は劇場で見るもんだ、ってしみじみ思うのだけど、なかなか行かないで終わってしまうんですよに。

『間宮』は、原作を読んでいたけれど、ガッカリしなかった稀有な映画でした(笑)
原作自体もゆるゆるとした話と展開だからか、映画のゆるゆる感も自然だった。
それに、全編通しての空気感がステキだった。
バカバカしくて、滑稽で、幸せで、ちょっと不安な二人の兄弟の生活が、うまく出てました。

常盤貴子のたたずまいが、なんだか新鮮でした。
いつもと違う、前に出ない感じが。

それから『バッチギ!』。
この映画は興味はあるけど、この先も見ないだろなー、って思ってた作品。
今回なんで見る気になったかと言うと、オダ・ジョーが出てるから!!!(笑)
バッチギ!のオダ・ジョーはどんなオダ・ジョーなんだろか?って見たくて仕方なくなってしまって。
そしたら、オダ・ジョーの「悲しくてやりきれない」がすんごくよくて、そこばっかりリピート・リピート・リピート。
物語に直接関わっている役じゃないけど、やっぱりオダ・ジョーは、オダ・ジョーにしか出せない空気を出してました。
最初は珍しく、普通の髪型で出てくるオダ・ジョーがどんどんヒッピー化していくのが笑えました。

この映画は期待していた以上に良かった。
扱っているテーマは深くて難しいものだろうと思うし、あたしがこんなとこで、語りつくせるようなものでもないので、そこんとこは置いておいたとしても、映画として楽しめたし、いい作品だなあ、って思った。

登場人物の一人ひとりが活き活きしているところが、なんといっても良かった。
ちょっとケンカのシーンが痛々し過ぎて、見てらんなかったけど。

小出恵介さんも、高岡蒼佑さんも良かったな~。
本当に、いい味出してました。

トランスポーター2は、ジェイソン・ステイサムが好きなので、あたしも見たかった映画ですが、とくに語るトコはなし!(笑)
単純に楽しんで、スカっとして終わりました。
も一人好きなジェイソン・フレミングが出ていたのも嬉しかった。
役はヒドかったけども(笑)

というわけで、雨だったのでDVD三昧で終わった週末でした~。

DVD『嫌われ松子の一生』

やっとこさっとこ(って、全国区で通じるの?)見ました、『嫌われ松子の一生』。

この原作は友達に借りたまま、まだ読んでません。
なので(笑)存分に楽しめました!!
聞いてはいたけど大層ファンキーなできあがりでした。

監督が原作はあまりに救いがないので、それとは違った味にしたかった、みたいなことをインタビューで答えていたのを読んでいたのですが、本当にあれだけ暗い話をこんなにエンタメに仕上げるとは!

中谷美紀はあんまり好きな女優さんでなかったのですが、松子は本当によかった。
彼女自身が映画化したいと望んだ作品とはいえ、あのヨゴレっぷりの主人公を演じるのは、すごい勇気だろな~。
でも、やっぱりヨゴレてもヨゴレても美しかったけど。

で、あたしが一番楽しみにしていた脇役陣も、期待以上のよさで!!
みんなみんなヒドイ男だった~(笑)

くんくのデカダンなヒドい男ぶりに、目が釘付け!!
ああ、こんなこともやっちゃうのね~~~んってメロメロです(変)

劇団ひとりの演技が、わりと好きです(マニア?)
ちょっと特徴ある声が好きなのかも。

伊勢谷くんはステキですねえ。
ああ、かっこいいです。
目の鋭さというか、冷たさがよかった。

そして瑛太が意外によかったなあ。

本当に脇役陣が好みで好みで、とっても楽しめた作品でした。
エンディング、ずーーーーと涙が止まりませんでした。

『ゴールデンタイム』っていう、松子の続編らしい小説を買ったままおいてあるのですが、ダンゼン読みたくなりました。

映画 『女性上位時代』

またまたまたまたスカパーでの映画。

チャンネルバラバラと変えていたら、たまたま目に入ったすごいお洒落な衣装とインテリア。
そのまま最後まで見てしまいました。

続きを読む

アンディ・ラウ ダンス・オブ・ドリーム

今日もまたスカパーで見た映画の話。
早く映画館にいきたーい
早く人間になりたーい。←似てない?

続きを読む

『ALWAYS』と『メゾン・ド・ヒミコ』

またまたまたもや『今さらかよッ(三村風に)』シリーズです。
映画鑑賞記がこんなんばっかで恥ずかしいよ・・・。

でもでも!
メゾン・ド・ヒミコ!!!!!!
すごーーーーーーーいよかった!好きです。
家にDVDを置いておきたい。

ストーリーも、雰囲気も、役者も、あたし的にはカンペキ!!
今まで、オダギリ・ジョーのかっこよさは見ないフリしてきたのだけど、
コレはもうダメかもしれん・・・・・
ステキすぎる。
あんなに白のスーツの似合う日本人もそうはいるまい。

終始、音楽も少ないし、演技も淡々というか抑えた感じで、
静かな映画なのだけど、グイグイグイグイ見入ってしまう。

話をファンタジーっぽく仕上げすぎなかったところがイイ。
ストレートの女の子と、ゲイの男の子の淡い揺らぎ、
その関係が簡単にうまくいってしまったら、
すんごいウソっぽいじゃん。
だけど、その、キワキワ感がよかった。

そして、あんな軽薄な役を演じる西島秀俊を初めて見たけど、
それもよかったあ。
西島さんの役どころがキイていたなあ。
男性と女性のリアルを体現する役。
すごく軽薄なヒトだけど、やっぱり必要なんだよね~・・・


あの老人ホームの人たちが、すごく丁寧に生活しているところに憧れました。

とてもとても切ない。でも、切ないとこがヨイ。
見終わったあと、すごく胸がうずうずします。
悪い意味でなくて。

ダンスホール(?)に行くシーン、あんなとこがあれば、
あたしも行ってみたいよう~(笑)

とにかく、『ゆれる』を絶対見ようと思いました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
さてさて、ALWAYSのほうは、
やっぱり心が温かくなるお話でした。
これも決してキライじゃないです。
安心して見られる映画、って感じでした。

ただ、もう頭の中はメゾン・ド・ヒミコになってしまった(笑)

PageTopNext>>

舞妓Haaaan!!!

プロフィール

ゆうみ(またの名を”しぃちゃん”)

Author:ゆうみ(またの名を”しぃちゃん”)
毎日1笑い。

♪好きなコト♪
お芝居を見ることが好き。

気軽にコメントいただけたらうれしいです♪

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索

過去ログ
< /body>