FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『図書館戦争』『鴨川ホルモー』

けっこう話題になってるのは知ってたんですけど、やっとここの2冊を読みました。

『図書館・・・』、
ストーリーはすんごい面白くて、これ読むためにランチを1人で行かせてくれ、と同期に頼んだくらい(笑)

でも、ちょっと主人公の心情の綴り方がウザい(ハッキリ言うなあww)。
読み出したとき、その部分に萎え萎えになりかけたのだけど、話の展開が面白くて、最後まで読んじゃいました。

主人公郁が、必要以上に人につっかかるタイプで、そこらへん、しつこく書きすぎちゃう?!って思ったり、
あと、会話文のあとに、その会話の説明をしすぎなとこも、違和感を持ったけど。。。

例えば、登場人物が皮肉を言い合ったり、わざと揚げ足を取りあうやりとりを描写したあと、そんなことは読者も読んでて汲み取っていると思うのですが、それをイチイチ、皮肉を言い合いう、みたいな説明文が後につく。
なんかそれって、漫画世代の人が書いてるのか!?と感じたり、自分の描写力に自信ないんか!?と思ってしまったりしたんですけど(・・・・って、ここまで本読んで作者にツッコミ入れてたら、ヘンやな、あたし)。
そこらへんがもそっと洗練されたら、めっちゃイイと思う(あたしは誰??)。

何歳くらいの人が書いてるんだろか。
新しい風を感じる小説だったけど、まだ新人?って思うような、なんか青い感じがしたんですけども・・
けっこうな巨匠やったらどうしよ。

でも、ほんとに話は面白くて、やめられないとまらない~♪でした。


『鴨川ホルモー』、
『夜は短し・・・』に続き、京大卒の作家さんが書いた小説。
なんか、京都って舞台としてイイなあ。
これも変わった話で、大変楽しみました。

本当にあんなゲームがあったら、参加させられるのは絶対イヤ!

関西人なんで、京都が舞台だと、その場所が思い浮かぶので楽しい。
東京が舞台の小説って、今でこそ知ってるとこもあるけど、昔は本当に情景が浮かばないから、まったくの想像しかなかったからなあ。

鴨川の等間隔のカップルとか、糺の森とか、一乗寺とか、知ってるから思い浮かべやすくて、読んでて楽しいッス。


でも、今年の暫定一位はやっぱり!!
森見登美彦の『夜は短し・・・』だなあ。
本当にハマった。
スポンサーサイト

2008年のいのうえ歌舞伎PageTop犬顔 プレビュー

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://cestjolienamainiti.blog75.fc2.com/tb.php/438-5a8616e8

舞妓Haaaan!!!

プロフィール

ゆうみ(またの名を”しぃちゃん”)

Author:ゆうみ(またの名を”しぃちゃん”)
毎日1笑い。

♪好きなコト♪
お芝居を見ることが好き。

気軽にコメントいただけたらうれしいです♪

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索

過去ログ
< /body>