スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の実家

土曜日は出社でして、会社帰りに母親と久々の待ち合わせ。

新しい部署になってから、母とも前ほど会えなくなってしまってるし、せっかく芝居のチケット取っていても、なんだか行けない状態のことが続いてました。

母親自身も、あたしと会うことで気分転換したりしているらしく、このごろ2人で出かけることが少なくなって、ちょっともてあまし気味というか、不安定な感じらしいっす。

気づくと親って、急激に齢をとるのよねん(涙)
ずーーーーっと、自分を守ってくれる存在であったはずの親が、いつの間にか、自分が守ってあげなくちゃいけない存在になってたりして、そういうのを感じるとき、ものすごく寂しかったり切なかったりする。

まあ、自分もいい齢になったってことだなあ。。。。
がーーーーーん。て感じだ(笑)


昨日も2人でごはん食べながら、あーだこーだ話していたら、あたしはものすごくうれしくなってきたんだけど、母が頭痛がずっと続いていて、なんだか悲観的な気持ちになった的な話をするので、ずずずーーーーんと辛くなっちゃって。

うちの母くらいの年の人でも、イキイキ元気で飛び回ってる人はたくさんいるのに、母はあんまり前向き体質な人でないので(あたしにも見事に遺伝してるwww)、会うと不調を訴えることが増えてきてて哀しい気持ちに。

母親をおんぶしたら、そのあまりの軽さに泣けた・・・・
って詩を書いたのは誰だったろう??
石川啄木か?
国語で習ったなあ。
今はものすごく実感としてわかる。

いつまでも、適度に親を心配させて、長生きしてもらおうっと(笑)・
イヤ、マジでwww!!!


さて土曜日。
いつもの通り梅田のホームで母と別れたあと、それぞれの線で電車を待っていたのです。
あたしは恩田陸の続きを読もう♪と思って取り出し、ゴキゲンに読み出したのですが、急にざわざわざわざわっと気持ちが落ち着かなくなってきて、いてもたってもいられずに携帯を取り出し、母に電話。
「もうおかーさんの乗ってる電車(梅田を)出ちゃった?」と聞くと、まだホームに停まってるとのこと。
「今日そっちに泊まっていい?」って言うと、母は驚いてたけど、一旦電車を降りて待っててくれるとのこと。
なんだかわかんないけど、半泣きになりそーになりながら母のいるホームに行って、母と一緒に久しぶりに実家に帰りました。

「なんやの、急に」って母は笑ってたけど、なんか胸騒ぎが。。。とは言えずに、「なんかなんとなく(笑)」って言ってひっさびさに宝塚線に乗りました。

あたしが弱ってたのか?それとも母が弱っていていたのか?はたまた父親がたまにはあたしの顔を見せい!と念じて(笑)いたのか?
それはナゾですが、久しぶりに実家に帰って、こないだの京都土産のスマートコーヒー店のコーヒーをみんなで飲み、加賀の村上のあんみつを食べ、ほっこりしました。
さてさて。
なんでこんな話をしたのか、わかんなくなってまいりました!!!
(いつものことだが)



えっとですね、あたしが犬顔にうつつを抜かしていた頃、大好きな先輩が心の不調を訴える、という一件がありまして。
先輩は、あたしよりも半年くらい前に大きな部署異動が決まって、勤務地があたしと同じ大阪から奈良になり、その他諸々の環境の変化がその頃になって影響しだしたらしく、その相談を受けたのです。

2年くらい前に、もっと身近な人が鬱の1歩手前ですって診断されたこともあって、
先輩のことも、ああ、そんなこともあります、あります!って感じで受け止めることができ、とにかく、恐れずにメンタルクリニックに行ったほうがいいですよ、って話をし、鬱っていうのは、昔みたいになんだかわからない病なのではなく、脳のセロトニンて物質が分泌されなくてなる、とっても科学的に証明された病気らしいんですよ。
治療で絶対に治るし、でも、早くに診てもらうことが絶対に大事だから、とにかくクリニックに行くべきです!
なんならついて行きますよ!1人で心細いなら!って言ったりしたことがあったのです。

2人で色々話をして、きっとこれが原因やな、ってことも2人で解明でき、すぐにクリニックに行って一番軽い安定剤をもらって先輩はすぐによくなって、本当によかったのですけども。

少し前、自分にも、あれ、ちょっとこれはオカシーーーかも。って思うことが起きまして、ホントに人間の心っていうのは思ってるよりも強いし、逆に思ってるよりも弱いなあと、つくづくつくづく思いました。

その話を母にしたり、母のほうも体の調子がおかしくて弱気になってるみたいなことを言うので、土曜日はやっぱり実家に帰ってよかったな~と思いまして。
まあ、帰りたい。と思って帰られる距離に実家があることは本当に恵まれておりますな。


あ。暗いですね、今日の日記もまた。
まあ、だからと言って直したりはしないんだけどもねww


とにかく、大切な人の精神状態ってきっと、小さなシグナルみたいなのって出てるもんなんだろなあ、でも、一番見過ごしやすいもんなんだろなあ、って思って。
親とか子供とかって、身近すぎて見過ごしてしまうというか。
あたしも、一緒に今も親と暮らしていたら、日々に流されて親の不調とか気づいてあげられなかったかも。って思ったのです。

逆に自分が不調だと思ったとき素直に、なんかおかしいねん、って言ってみることってものすごく大切で、それって自分のためだけじゃなくて周りのためでもあるなあ、って思ったりした。

1人で悩んで悩んで、突然に自殺なんかしたりしたら、その親って本当に本当に救いがないもの。
ま、自殺ってのは極論ですけど。

なんかしんどいねん、って親が言ったり、またこれから生まれてくる(かもしんない)子供が言ったとしたら、「どうしたん?」って目を見て言ってあげられる人でいたいと、真剣に思った土曜日でした。


ちょっと悲しいニュースが一杯だったり、自分に起きたこととか、身近な人におきたこととかが重なって、まとまりのない文章になってしまいました~。すんません。
スポンサーサイト

朝日新聞のコラムPageTop豪雨の京都にて

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://cestjolienamainiti.blog75.fc2.com/tb.php/459-d0075bb9

舞妓Haaaan!!!

プロフィール

ゆうみ(またの名を”しぃちゃん”)

Author:ゆうみ(またの名を”しぃちゃん”)
毎日1笑い。

♪好きなコト♪
お芝居を見ることが好き。

気軽にコメントいただけたらうれしいです♪

最近の記事
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索

過去ログ
< /body>